簡単に返還請求

法律

払い過ぎた金利を返してもらうことができます

お金を借りる際に発生する金利を規制する法律には、出資法と利息制限法の2種類があります。個人が貸金業者からお金を借りる際に適用されるのは利息制限法なのですが、少し前まではそれを守らない貸金業者がたくさんいました。なぜかというと、たとえ利息制限法の制限を超える金利を客から取っていたとしても、その金利が出資法の上限を超えていない限り罰せられない仕組みになっていたためです。この利息制限法と出資法の差額の金利のことをグレーゾーン金利と呼ぶのですが、例外的にこの金利を有効だと認める法律も存在していました。しかし、貸金業法が改正され、グレーゾーン金利が無効であることが正式に認められるに至りました。そのため、熊本に住んでいる人も、貸金業者に対して過払い金の返還を要求することができます。

過払い金を返してもらう方法について

熊本に住んでいる人が過払い金の返還を希望しているのであれば、弁護士もしくは司法書士に相談してみることをおすすめします。熊本には、過払い金返還請求を専門に取り扱っている弁護士や司法書士がたくさんいますので、割りと簡単に専門サービスの提供を受けることができます。過払い金の返還請求権は10年で消滅時効にかかりますので、あまりのんびりと構えている暇はありません。請求しても時効を援用されてしまうとお金を返してもらうことができなくなってしまうので、なるべく早くアクションを起こすようにした方がよいです。熊本市内で活動している弁護士や司法書士の知り合いが1人もいないという人でも、インターネットを利用すれば比較的簡単に良い弁護士や司法書士を見つけ出すことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加